シミの中でも厄介な肝斑とは

シミの予防や改善に取り組んでいるけれど一向に良くなる気配がないし、化粧で隠そうとしてもうっすら浮き上がってきてしまう、そんな悩みを抱える方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合最適なケアが出来ていないことも考えられますが、実はそのシミは肝斑かもしれません。

肝斑とは数あるシミの種類のひとつです。

頬骨のあたりにもやもやとしたシミが左右対称に広がっているなと思ったら肝斑の可能性が高いでしょう。

この肝斑は他のシミ同様に紫外線によってできるのではなくホルモンバランスの乱れによってできるといわれており、妊娠などの影響も受けることから30から40代にかけてできることが多いようです。

そんな肝斑を改善するには内服薬の服用が基本となっています。

美白美容液など一般的なシミと同様のケアをしてしまうと効果がないどころか悪化してしまう可能性もあるため、気になる場合には皮膚科など専門の医師に相談するのが安心です。

飲み薬での治療はなかなかに長期戦を強いられますが、レーザー治療などをすると悪化してしまうといわれているため現在では最も有効な治療法といえるでしょう。

肝斑は一度改善されてもまた発症することも少なくないため、まずは医師に相談し、根気よく治療を続けたいものですね。