兄の薄毛

髪の毛にとってストレスは大敵だと思います。

私の兄は、高校生の頃、髪の毛の一部分がハゲてしまい、思い悩んでいました。病院の先生に伺ったところ、ハゲてしまった原因は、勉強や部活のストレスだということでした。

私の兄は、母に似て、もともと猫毛のような細い髪質でした。

そのため、将来は薄毛の可能性があるだろうな~、と家族みんなでいじっていました。

しかし、案の定、若くして部分的にハゲてしまったので、正直なところ、本気で心配になりました。

病院の先生が言うには、若くしてこのような状態になる原因は「AGA」と言う男性型脱毛症だそうで、放置しておくとどんどんハゲてしまうと言う恐ろしい脱毛症と言うことでした。

処方された「プロペシア」と言う薬を飲んでも、なかなか髪の毛は生えてきませんでした。

兄は、頭皮にあまりいい影響を与えない食べ物やシャンプーは使わないようにするなど、徹底的な頭皮のケアをしていました。

そして、リアップX5と言う育毛剤も使いはじめました。

私は、人間髪の毛が全てではなく、人間性が良ければ問題ないと思っていましたが、兄の様子を見ていると、外見というのも人との出会いのとっかかりとしては大切だと思うようになりました。

若くして薄毛に悩まされないためにも、ストレスを溜めない、健康的な生活を送ることが重要だなと思います。

そしてプロペシアとリアップX5を使い続けたおかげで、今では兄の髪の毛も通常通り生えてきており、ホッとしています。

でも、プロペシアには副作用の心配もあるとのことだったので少しだけ心配です。

プロペシアの副作用についていろいろ調べていると、プロペシアの副作用について詳しいサイトを見つけたので少しだけ勉強してみました。

やはり、プロペシアには副作用を引き起こしてしまう可能性があるみたいでした。

でも、副作用の発症率は1%未満と非常に低いことも分かりましたので安心しました。

実際兄も副作用なく元気に過ごしていますので結果的には良かったと思います。