いぼ痔になっちゃいました

めちゃくちゃ恥ずかしいのだけど、いぼ痔になっちゃいました・・・泣

ある日トイレで便器が血まみれになり、自分が中の方のいぼ痔だと知りました。

それまでは、痛みなどはなかったので自分がいぼ痔だと知りませんでしたが、この出血をきっかけにいろいろ調べてみるといぼ痔と言うことでした。

いぼ痔には肛門の外にできる外痔核と、中にできる内痔核があるらしく、私のは内痔核と言ういぼ痔でした。

まだそれほど症状は酷くないみたいなので、セルフケアでいぼ痔を治すことができるみたいなのですが、症状が悪化してしまうと病院で手術が必要になるみたいです・・・

手術だけは絶対に嫌!

お尻を、肛門を診られるなんて絶対に嫌!

ハッキリ言ってあり得ない!

女性医師ならまだしも、医者と言えどもどこの誰だか分からないオッサンにお尻をなんで見せなければいけないの?

死んでも見せたくない!

と言う訳で、セルフケアでいぼ痔を治すことを決意したのです!

私が参考にしたサイトは、https://iboji-navi.com/で、いぼ痔だけではなく切れ痔などについても詳しく解説されていました。

このサイトの中に、セルフケアで痔を治す方法が詳しく書かれていたので、実践してみました。

痔が治るまでに2~3ヶ月ほどかかると書かれていましたので、3ヶ月を目標にがんばってみました。

セルフケアと言ってもそれほど難しいことはなく、基本的なことばかりなので誰でもかんたんにできます。

あと、このサイトでも紹介されていますが、漢方薬を飲むことで血行促進と便秘解消で痔の症状を緩和させてくれます。

そして3ヶ月間頑張ってみたところ、排便時に出血することがなくなりました。

本当に完全に完治したのかは医師ではないので不明ですが、、少なくとも状態はよくなっています。

痔の症状も一切出ていません。

でも痔は再発しやすい病気らしいので、とりあえず予防対策はがんばって行いたいと思います。

だって他人にお尻見せるの嫌だからね!笑

首イボの予防や治療法について

40代ぐらいから首に小さなイボができる人が増えてくるようです。

首のイボはいわゆる老化現象の一つのようです。

ですが肌の老化を促進させる要因をとり除けばイボの予防にもなります。

お肌の老化対策としては、まず紫外線をしっかりカットすることです。

顔には日焼け止めをしっかり塗って紫外線ケアをしても、首やデコルテにも日焼け止めケアをすることを忘れてしまう人は多いようです。

首やデコルテの皮膚はとても薄いですし日頃から紫外線にとても弱い場所なので必ず外出時には顔と同じように日焼け止めクリームをしっかり塗る習慣をつける必要があります。

運悪く首にイボができてしまうと、いくら小さなイボだと言ってもやはり目立ちますし気分的にも嫌なものです。

首のイボの対策としてはヨクイニン配合の化粧品や医薬品を飲むと効果があると言われています。

手軽でおすすめなのはヨクイニンの成分入りのオールインワンジェルやクリームになります。

ですが、これらのヨクイニン配合の化粧品等でケアする場合は、早めの対策が必要で、数が多かったり大きくなってしまった首イボの場合は、より確実な対処法としては皮膚科で炭酸ガスレーザーや液体窒素で首イボを一つ一つ取っていく方法があります。

ただし、これらの方法は激痛を伴いますので、なるべくなら早めに対策してオールインワンジェル等のイボ専用の化粧品でケアすることをおすすめします。

その方が施術跡が残らないしキレイに取り除くことができます。

首イボは基本的に放置していても問題はありませんが、なるべく早めに取っておいた方が良いでしょう。

首イボ取り方ガイド」では、おすすめのオールインワンジェルやイボケア商品を紹介していたり、イボの取り方まで詳しく解説されていますので、首イボが気になる方は是非参考にしてみてください。