紫外線対策グッズに関して思うこと

紫外線を天敵としている私にとって、夏は一年で一番苦手な季節です。

女性らしいおしゃれを楽しみたい人達にとっては一年を通して紫外線対策をするのは当たり前で、美肌の常識だと言えるかもしれません。

紫外線が増すにつれて気になるのは女性の服装です。

長袖が7分袖や半袖、ノースリーブに変化するのは暑いから当たり前ですが、ぎょっとするような恰好をする人も増えました。

自転車に乗る時に進化型サンバイザーをするようになったのです。

そのサンバイザーは別名をフェイスバイザーとも呼ばれており、遮光部分がプラスティックで出来ていて、かぶってからつばの部分を顔面の前におろせるようになっています。

鼻の下半分から首までを覆う黒のマスクをつける人も出現したため、爽やかな恰好をしているのは学生だけになってしまいました。

黒は紫外線を遮断する色なので美白効果は期待出来るかもしれませんが、実用オンリーなのも寂しい気がします。

紫外線効果が高い衣類について調べてみたところ、依然として黒がトップです。日本人は利便性から黒を使いやすいと思われますが、夏らしいおしゃれが楽しめなくなった気がします。

もしも紫外線対策のファッションが主流になったら、全員黒装束で歩かなければならなくなります。UV加工の衣類も増えてきていますが、今まであった洋服を捨てて買い揃える人がいるとは思えません。

通気性が悪い素材で長袖十分丈パンツ、黒い色のマスクと帽子をつけるとくノ一のようです。それがUVカット効果が高いならなおさら良いでしょう。

最近では黒のフェイスバイザーを100均でも見かけるようになりました。

黒だと前から来た人が危ないと感じる事があるらしく、透明のUVカットを施したフェイスバイザーが販売されています。ポスト黒にはトルコ石のようなターコイズブルーやオレンジ、黄色などが紫外線防止の効果が高い色として候補に挙がっているので、チャレンジしてほしいものです。

シミの中でも厄介な肝斑とは

シミの予防や改善に取り組んでいるけれど一向に良くなる気配がないし、化粧で隠そうとしてもうっすら浮き上がってきてしまう、そんな悩みを抱える方もいらっしゃるかと思います。

そのような場合最適なケアが出来ていないことも考えられますが、実はそのシミは肝斑かもしれません。

肝斑とは数あるシミの種類のひとつです。

頬骨のあたりにもやもやとしたシミが左右対称に広がっているなと思ったら肝斑の可能性が高いでしょう。

この肝斑は他のシミ同様に紫外線によってできるのではなくホルモンバランスの乱れによってできるといわれており、妊娠などの影響も受けることから30から40代にかけてできることが多いようです。

そんな肝斑を改善するには内服薬の服用が基本となっています。

美白美容液など一般的なシミと同様のケアをしてしまうと効果がないどころか悪化してしまう可能性もあるため、気になる場合には皮膚科など専門の医師に相談するのが安心です。

飲み薬での治療はなかなかに長期戦を強いられますが、レーザー治療などをすると悪化してしまうといわれているため現在では最も有効な治療法といえるでしょう。

肝斑は一度改善されてもまた発症することも少なくないため、まずは医師に相談し、根気よく治療を続けたいものですね。

化粧品でシミをケアできる?シミ消しは薬が効果的!

すでにできてしまったシミでも、化粧品で改善する可能性があります。

化粧品で改善が期待できるシミは、表皮にできたものです。

真皮にできたシミは化粧品でのケアが難しいので、皮膚科に相談をしましょう。

では、どのような化粧品がシミの改善に役立つのでしょうか。

美白成分にもいろいろあるのですが、厚生労働省が認可した薬用美白成分を配合したものを選びましょう。

薬用美白成分には2つのタイプがあります。

一つはすでにできてしまったシミを薄くする働きと、シミを予防する働きを持つものです。

もう一つはシミを予防する働きを持つものです。

すでにできてしまったシミをケアするには、前者を配合した化粧品を選びましょう。

このような成分には、ビタミンC誘導体とハイドロキノンがあります。

ビタミンC誘導体は、低刺激で浸透力が高い成分です。

メラニンの生成を抑制してシミを予防する、メラニンを還元してシミを薄くする、コラーゲンの生成を促すなどの働きがあります。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤とも言われる成分です。

刺激がある成分で使い方を誤ると肌トラブルを招くことがあるので、化粧品にも配合されているのですが、皮膚科で処方してもらって医師の指示に従って使用をすると安心できます。

ただし、皮膚科で処方されるハイドロキノン軟膏等は、効果が高い分副作用のリスクが高くなりますので使用する際には注意が必要になります。

ハイドロキノン配合の化粧品で消えない頑固なシミを消すには、まずは皮膚科に相談する前に市販のシミを消す薬をおすすめします。

ハイドロキノン配合の化粧品が効果があるのは、あくまでも皮膚表面にあるシミで、真皮層にまで達しているシミには効果を発揮しません。

しかし、シミを消す飲み薬でしたら、体の内側から真皮層にあるシミの原因に直接アプローチしますので、なかなか消えない頑固なシミも消すことができるのです。

これでもシミが消えない場合は、皮膚科に相談して「レーザー治療」を受けるしか方法はありません。

ハイドロキノン軟膏は扱いが難しく、返ってシミを濃くしてしまう可能性もありますので、シミを消したい方はまずはシミの飲み薬をおすすめします。

シミの飲み薬の効果や副作用については、こちらの「http://shimikesukusuri.com/」でとても詳しく解説されていますので、興味のある肩は一度チェックしてみてください。