化粧品でシミをケアできる?シミ消しは薬が効果的!

すでにできてしまったシミでも、化粧品で改善する可能性があります。

化粧品で改善が期待できるシミは、表皮にできたものです。

真皮にできたシミは化粧品でのケアが難しいので、皮膚科に相談をしましょう。

では、どのような化粧品がシミの改善に役立つのでしょうか。

美白成分にもいろいろあるのですが、厚生労働省が認可した薬用美白成分を配合したものを選びましょう。

薬用美白成分には2つのタイプがあります。

一つはすでにできてしまったシミを薄くする働きと、シミを予防する働きを持つものです。

もう一つはシミを予防する働きを持つものです。

すでにできてしまったシミをケアするには、前者を配合した化粧品を選びましょう。

このような成分には、ビタミンC誘導体とハイドロキノンがあります。

ビタミンC誘導体は、低刺激で浸透力が高い成分です。

メラニンの生成を抑制してシミを予防する、メラニンを還元してシミを薄くする、コラーゲンの生成を促すなどの働きがあります。

ハイドロキノンはお肌の漂白剤とも言われる成分です。

刺激がある成分で使い方を誤ると肌トラブルを招くことがあるので、化粧品にも配合されているのですが、皮膚科で処方してもらって医師の指示に従って使用をすると安心できます。

ただし、皮膚科で処方されるハイドロキノン軟膏等は、効果が高い分副作用のリスクが高くなりますので使用する際には注意が必要になります。

ハイドロキノン配合の化粧品で消えない頑固なシミを消すには、まずは皮膚科に相談する前に市販のシミを消す薬をおすすめします。

ハイドロキノン配合の化粧品が効果があるのは、あくまでも皮膚表面にあるシミで、真皮層にまで達しているシミには効果を発揮しません。

しかし、シミを消す飲み薬でしたら、体の内側から真皮層にあるシミの原因に直接アプローチしますので、なかなか消えない頑固なシミも消すことができるのです。

これでもシミが消えない場合は、皮膚科に相談して「レーザー治療」を受けるしか方法はありません。

ハイドロキノン軟膏は扱いが難しく、返ってシミを濃くしてしまう可能性もありますので、シミを消したい方はまずはシミの飲み薬をおすすめします。

シミの飲み薬の効果や副作用については、こちらの「http://shimikesukusuri.com/」でとても詳しく解説されていますので、興味のある肩は一度チェックしてみてください。

やせるホルモンレプチンを高めるには

ダイエットでよくあるのが空腹だと思います。空腹を抑えることができれば、間食や食事の食べ過ぎを防止できて、ダイエットも成功するはずです。

食欲を抑えるポイントがレプチンです。ポイントはよく噛むことと睡眠です。

よく噛んで食べる

レプチンとは脂肪細胞から放出されるペプチドホルモンです。

レプチンが放出されると満腹感を感じるようになります。

食事をして血糖値が上昇すると、糖質を摂ったことが脳に伝わって満腹中枢が刺激されます。

血糖値が高くなるとともにレプチンも放出されます。

では、血糖値が高くなるほどよいのでしょうか?

血糖値が高くなるほど、脂肪をため込むインスリンの分泌も増えて肥満につながります。

そのため、急激な血糖値の上昇は避けましょう。

よく噛んで食べると満腹中枢が刺激されてレプチンが分泌されます。

よく噛めば自然と時間がかかるので、血糖値の急激な上昇を抑制できます。

睡眠をとる

睡眠時間が不足すると、食欲を増すグレリンというホルモンの分泌が増えて、レプチンの分泌が減ります。

5時間以下の睡眠時間ではレプチンが減少し、8時間以上でもっとも高くなります。

しかし、9時間以上では減少してきます。

夜遅くまでスマホやパソコンをしたりテレビを見て夜更かしをすると、睡眠時間が減ってレプチンも減少します。

休日の寝だめは睡眠時間が長すぎて、これもレプチンを減少させます。

毎日規則正しく生活をすることがポイントです。

タンパク質で活性化

レプチンの原料になるタンパク質も必要です。どんなによく噛んで食べたり、睡眠をきちんととっても、原料になるタンパク質が不足していてはレプチンをうまく作れません。

肉類や乳製品は脂肪分が多く摂取カロリーが増えるので、低脂肪・高タンパクな食品を選ぶようにしましょう。

白身魚、大豆製品などは低カロリーです。

タンパク質の代謝を促すために亜鉛、ビタミンB6、ビタミンAも必要です。

亜鉛は牡蠣やレバーに多く、ビタミンB6はカツオやマグロに多く含まれています。

ビタミンAは緑黄色野菜や卵黄に多いです。